WashPass

COLUMN

ガソリンスタンドでの洗車!手洗い洗車とセルフ洗車機の違いとは?

2021.08.17

ウォッシュパス

一般的にガソリンスタンドは車に給油をする場所として利用されています。
ところでほとんどのガソリンスタンドには、もう一つ洗車場としての機能があります。
では、ガソリンスタンドでは一体どんな洗車ができるのでしょうか。
今回はガソリンスタンドでの洗車【スタッフによる手洗い洗車とセルフ洗車機の違い】についてわかりやすくご紹介します。

01 ガソリンスタンドは洗車もできる場所!

これまでガソリンスタンドを利用した経験がある人であれば、給油以外にも洗車ができる場所であることはご存じでしょう。
ガソリンスタンドには、車のオーナーに洗車をおすすめするいくつかの理由があります。
主な理由は「自宅の周辺で洗車ができない」「洗車する時間がない」「自分がイメージした洗車ができない」などの問題を解消してくれることです。

では、ガソリンスタンドでは一体どんな洗車ができるのでしょうか。
通常ガソリンスタンドでは、次の2つの洗車ができます。
1つはスタッフによる手洗い洗車、もう1つは簡単に行えるセルフ洗車の2つです。
次の章からそれぞれ詳しくご紹介します。

02 スタッフによる手洗い洗車とは?

スタッフによる手洗い洗車を一言でいうと「プロの技術を持つスタッフの手で、車を丁寧に洗いあげる」ことです。
詳しくいうと実際に人の手を使って細部まできめ細かく汚れを洗いあげ、プレミアムな仕上りにしてお客様に車をお渡しすることです。
スタッフによる手洗い洗車は、仕上がりにこだわりがあるお客様におすすめする洗車方法です。

03 スタッフによる手洗い洗車の2つのメリット
❶満足度が高い仕上がりになる

1つ目のメリットが「満足度が高い仕上がりになる」ことです。
一般的にスタッフによる手洗い洗車をお求めのお客様は新車・高級車・外車などのオーナー様が多い傾向にあります。
そのほとんどのお客様はできるだけ車の価値を長く維持したいとお考えです。
スタッフによる手洗い洗車であれば、毎回お客様の満足度が高い仕上がりにすることができます。

❷車のタイプに関係なく洗車ができる

2つ目のメリットが「車のタイプに関係なく洗車ができる」ことです。
当然ですが、車にはいろんなタイプがあります。
そのためサイズ・デザイン・コーティング(塗装)・カスタム仕様などが理由で、セルフ洗車機にかけられない車もあります。
その点スタッフによる手洗い洗車であれば、車のタイプに関係なくあらゆるタイプの車を洗車することができます。

04 スタッフによる手洗い洗車の2つのデメリット
❶セルフ洗車機と比較して価格が高い

1つ目のデメリットが「セルフ洗車機と比較して価格が高い」ことです。
セルフ洗車機での水洗い洗車であれば1回最低300~500円程度で利用できます。
ところがスタッフによる手洗い洗車であれば、普通車で2,000円以上、高級車・外車であれば4,000円近くかかります。

❷仕上がりまで、待ち時間がかかる

2つ目のデメリットが「仕上がりまで、待ち時間がかかる」ことです。
スタッフによる手洗い洗車は、人の手で行っていること・作業工程が多いこと・細部まで厳しい目でチェックしていることから、仕上がるまで待ち時間がかかります。
一般的にセルフ洗車機の水洗い洗車であれば5分間ほどですが、スタッフによる手洗い洗車であれば30分ほどかかります。

05 セルフ洗車機とは?

セルフ洗車機を一言でいうと「門型の形をした洗車用の機械」のことです。
詳しくいうと、車を所定の位置に設置してボタンを押すだけで、最短約5分程度で洗車をしてくれる機械です。
セルフ洗車機には「ドライブスルー洗車機」と「全自動洗車機」の2つのタイプがあります。
違いはドライブスルー洗車機はドライバーが乗ったままで洗車できるのに対し、全自動洗車機はドライバーが車を降りた状態で洗車を行う点です。
セルフ洗車機は、出来上がりのスピードとコストパフォーマンスを重視するお客様におすすめする洗車方法です。

06 セルフ洗車機の2つのメリット
❶圧倒的に速い

1つ目のメリットが「圧倒的に速い」ことです。
セルフ洗車機は、できるだけ最短時間で洗車ができるように合理的に設計されています。
最も短い時間でできる水洗い洗車であれば「水洗いブラシ洗車」「送風機による乾燥」の2工程2往復で、約5分ほどで洗車することができます。
スタッフによる手洗い洗車であれば、どう頑張っても30分はかかるのに比べ、桁違いのスピードで洗車することができます。

❷価格が比較にならないほど安い

2つ目のメリットが「価格が比較にならないほど安い」ことです。
セルフ洗車機は水洗い洗車・シャンプー洗車・ワックスコート洗車・撥水コート洗車・ポリマーコート洗車・ガラスコート洗車など上質な仕上がりになるほどグレードが段階的にあがります。
ただし同じグレードのスタッフによる手洗い洗車よりも、価格は約半分で利用することができます。
セルフ洗車機を使えば、価格が比較にならないほど安く洗車することが可能です。

07 セルフ洗車機の2つのデメリット
❶車の形状によっては汚れが若干落ちにくい

1つ目のデメリットが「車の形状によっては汚れが若干落ちにくい」ことです。
通常、セルフ洗車機は流通量が多い一般的なデザインの車に合わせて造られています。
そのため、車の形状によっては汚れが若干落ちにくいこともあります。

❷洗車機にかけられない車がある

2つ目のデメリットが「洗車機にかけられない車がある」ことです。
セルフ洗車機よりも大きな車・高級外車は洗えません。
これらは手洗い洗車で洗うしかありません。

08 まとめ

今回はガソリンスタンドでの洗車【スタッフによる手洗い洗車とセルフ洗車機の違い】についてご紹介しました。
ガソリンスタンドでの洗車は主に今回ご紹介した2種類に分かれます。
仕上がりにこだわりがあるお客様はスタッフによる手洗い洗車を、出来上がりのスピードとコストパフォーマンスを重視するお客様はセルフ洗車を選ばれてみてはいかがでしょうか。
ガソリンスタンドでは、あなたの車にぴったりと合った洗車方法を選ばれることをおすすめします。

進化した洗車機について

ページ上部へ