WashPass

COLUMN

【初心者向け】『これで初心者でも不安なし!』
セルフ洗車機の基礎知識

2021.08.17

ウォッシュパス

車の保有率は年々減少傾向にあると言われていますが、地域によっては車のない生活はとても不便です。
車を保有していると、車のメンテナンスは避けて通る事は出来ません。
車の汚れもその1つで『いつも綺麗な状態にしておきたいけれど・・・』という気持ちが正直なところ。

先日、友人数名と話しをしていて『一人で洗車機を使ったことがない』という意見が多くて驚きました。 本当にそうなのか?と思いTwitterでフォロワーに問いかけた所、同じような返答がありました。
『夫と一緒に行く』と言うもの。どうして?という私の疑問に対しての回答も友人たちと同様に、 『使い方が分からない』『使い方が不安』という物だったのです。
そんな洗車機初心者の為に、【難しくないセルフ洗車機】のまとめをご紹介します。

01 洗車の前にしておくことはある?

アンテナなどの収納可能な突起物があれば収納しドアミラーを畳んでください。
また、タイヤ周りが特に汚れていれば、タイヤ周り用の持ち手つきスポンジが用意してあるところもあるので、待っている間に落としておくと仕上がりがキレイになります。
ただし、洗車機の機種によってはタイヤ等の下部の汚れも、オプションで車体下部を洗う洗車機もありますので、前もって手洗いする必要もありません。
昔はリヤワイパーなど突起物にガムテープを貼る用なイメージがありましたが、今は突起物を選ぶ項目がある洗車機もあるので安心して洗車機を使用してください。

02 タッチパネルで何を選べばいいの?

タッチパネルで選んでいるのは、洗車のメニューです。
すでに、コーティングを施した車の場合は水のみでの洗車やシャンプーだけの洗車を選択します。
コーティング施工したものが剥がれてしまう場合があるので、ワックスや撥水のコースは選ばないようにします。

シャンプーの後にオプションのある項目もいくつかに分かれています。
機種によって違いがありますが、

  • シャンプー・ワックス洗車⇒シャンプー後にワックス(油)を使って撥水・ツヤ加工がされるもの。
  • シャンプー・撥水洗車⇒シャンプー後にポリマー樹脂塗布により撥水加工がされるもの。 
  • シャンプー・ポリマーコート洗車⇒ 上記撥水洗車より、多めにケミカル(液剤)を塗布。往復数が多い事が多い。
  • シャンプー・ガラスコーティング洗車⇒シャンプー後に、3Dレジンガラスに似た素材のコーティング剤を塗布。
ではどれを選べばいいのでしょうか?

もうこれは『みなさまのお好みで!』という事になってしまうのですが、上記項目が下に行く(ワックス⇒撥水⇒ガラスコーティングと)ほど値段も少しずつ上がります。その分、撥水・コーティング効果も高くなります。
私個人の好みは高いコース1回よりも、たびたび洗車に行きたいと思っています。
どんなに高いコーティングをしても、黄砂や雨の後には汚れは付着しています。高いコーティングをしても決して汚れが付かないというわけではないですよね。

03 洗車中にエンジンは切らないといけないの?

洗車中にエンジンは切らないといけないの? この質問はよく聞きます。子供連れの方などは特にエンジンは切りたくないと思われると思います。
私も同じように思っていました。夏は特に暑いので、車の中でエンジンを切って待つ時間は辛いです。
ではどうして、エンジンを切らないといけないか?という質問の答えです。
『どこかが動いてしまってはいけないから』です。
そんなに動くようなことはないと思われるかもしれませんが、この『動く』という表現は車体だけの話ではないのです。
最近の車はボタン1つで色々な場所が動くようになっています。
もしも、待っている間にボタンに触ってしまってミラーが動いたら?前後にあるワイパーが動いてしまったら?
どのような状況になるか想像できますか?
ワイパーが洗車機のブラシと絡まって折れてしまうかもしれません。
ギリギリの所を通る洗車機にミラーが接触すれば、ミラーが傷つき折れる可能性もあります。
また、洗車機が故障する可能性もあるわけです。
その為、洗車中は必ずエンジンを完全に切るようにしてください。

04 洗車機での洗車が終わったら、頑張って拭き上げます!

洗車機での洗車が終了したら、拭き上げコーナーに車を移動させます。
洗車機付近に、拭き上げコーナーがあります。
ある程度は吹き飛ばして乾燥されていますが、水滴がまだまだ残っていますので拭き上げます。
ここの洗車場は自由にタオルを使えるようになっていますが、店舗によっては感染予防の為に取りに行くスタイルを取り入れている場合もあります。 この場所には、マット洗浄機や掃除機もありますので室内の清掃も出来ます。

05 拭き上げこそが洗車の最大の重要ポイント!?

拭き上げこそが洗車の最大の重要ポイント洗車機のクオリティはもちろんですが、私は拭き上げこそが洗車の最大の重要ポイントだとも思っています。
ここで水滴を残したままにしてしまうと水垢が付着してしまいます。
車内の砂なども家庭用の掃除機ではうまく取り除けない物も、綺麗に吸い取ってくれますのでオススメです。
ドアを一枚ずつ開けて入り込んだ水を拭き、ボディの水滴も拭き上げ、車内の掃除機も完了すれば洗車は終了です。
どうですか?洗車機は意外と簡単ですよね?
ぜひ、お近くの洗車機で愛車をピカピカにしてくださいね。

洗車機を通したあとの「拭き上げ」はなぜ必要?

ページ上部へ